日時:9月24日(月・祝)13時30分開会
場所:ホテルニューイタヤ(宇都宮市)
入場無料。どなた様も奮ってご参加ください。

■内容■
〇基調講演1(30分) 「種子法廃止にともなう農業分野への影響」
講師:山田正彦さん(元農林水産大臣)

〇基調講演2(30分) 「農業と再生可能エネルギーの両立」
講師:山本精一さん(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所 特任研究員)

〇パネルディスカッション(60分)
テーマ:「とちぎの食糧と農家を守る」
コーディネーター:福田昭夫県連代表
パネリスト:大河原雅子さん(衆議院議員)
山田正彦さん(元農林水産大臣)
山本精一さん(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所 特任研究員)
佐藤武久さん(大規模農家・元さくら市議会議長)

〇締めくくり総括
佐々木隆博さん(衆議院議員・立憲民主党副代表、農林水産部会長)

継続的に多くの国民、県民の現場の声を受け止める場として「立憲民主党とちぎ・つながる本部」を設置し、今回は「農林業」をテーマとしたタウンミーティングを開催します。

日本、栃木の将来の農林業のあり方を農林業従事者や党員、パートナー等とともに考え、政策提言や国への要望等につなげます。
特に大切と思われる「種子法」廃止への対応や、農家の経営安定対策を切り口とし、活発な議論の場とします。